中国の台湾産ハタ禁輸 蔡総統「国際規範に再び違反」

2022/06/12 18:57
中国の台湾産ハタ禁輸 蔡総統「国際規範に再び違反」=資料写真
中国の台湾産ハタ禁輸 蔡総統「国際規範に再び違反」=資料写真

(台北、屏東中央社)中国が台湾産のハタを一時的に輸入停止すると発表したのを受け、蔡英文(さいえいぶん)総統は11日、「中国が国際的な規範に再び違反したことを厳正にけん責する」とフェイスブックに記した。

中国から昨年、禁止薬物をハタの活魚から検出したとの通達があったが、行政院(内閣)農業委員会の陳吉仲(ちんきちちゅう)主任委員(閣僚)はその後の調査で安全性に問題がないことは確認されたと反論。中国は昨年3月以降、台湾産のパイナップルやレンブ、バンレイシ(釈迦頭)の輸入も停止しており、一連の禁輸は台湾への政治的圧力とみられている。

蔡氏はフェイスブックで「両岸(台湾と中国)の貿易における正常なやりとりに何の利益もない上、一方的に両岸関係を傷つけた」ともつづった。

蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は12日、報道陣の取材に対し、台湾が提示した科学的根拠に対する回答がないまま禁輸に踏み切られたとし、このような横暴なやり方は国際慣例に反すると訴えた。

(李卉婷/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。