中国による偽情報の流布、「台湾内に協力者」=国防部

2021/11/07 19:04
無料素材サイト「Pixabay」より
無料素材サイト「Pixabay」より

(台北中央社)国防部(国防省)はこのほど、中国が台湾に仕掛ける情報戦に関する報告書をまとめ、中国による偽情報の流布で、台湾内に協力者がいるとの見解を示した。

同部は立法院(国会)に送った報告書で、海外勢力がインターネット上で仕掛ける心理戦において、中国からの攻撃が最も激しく行われていると指摘。手段は複雑化しており、真偽の判断が難しい情報を広めることで、台湾内部の対立や混乱を引き起こすというものだという。

同部は対応として、情報の真偽や発信元を迅速に調べるほか、報道資料や公式サイトなどで随時、国内外に正しい情報を発信していくとしている。

(游凱翔/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。