アプリで読む
ダウンロード

台湾の総統・立法委員選は「世代交代の選挙」=野嶋剛さん

2020/01/14 19:01

台湾で対中強硬路線の蔡英文総統が再選を果たし、議会選では与党・民進党が単独過半数を維持した。日本や台湾で活動するジャーナリストの野嶋剛さんは13日、中央社の取材に応じ、蔡総統が掲げる「中華民国台湾」という呼び名が支持されたとの見方を示した。一方、独立派の長老らによる小政党など極端な立場を取る政党には票が集まらず、野嶋さんは「世代交代の選挙といえる」と指摘した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.219