アプリで読む
ダウンロード

60年以上愛された「イカスープ」の老舗 来月で閉店 常連客が名残惜しむ/台湾

2022/12/27 18:39

南部・嘉義市の繁華街、文化路にあるイカのとろみスープを売る老舗「阿池魷魚羹」が来年1月31日を最後に閉店し、60年以上の歴史に幕を閉じる。閉店を告げる張り紙が店頭に貼られると、常連客から名残惜しむ声が聞かれた。

店主の朱さんによると、人通りが多く、売り上げは安定していたとしながらも、一緒に店を切り盛りしていた妻が健康上の理由を訴えたため閉店を決めたという。

朱さんは妻としばらく休むとしており、今後新たなお店を開く計画は現時点ではないと語った。

(黄国芳/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.12