「台湾での中国五星紅旗掲揚禁止を」市民発議で立案 所管機関が検討へ

2017/10/23 15:09

国家発展委員会の公共政策に関する意見公募サイトに先月末、台湾での中国大陸の五星紅旗の掲揚、展示、陳列を禁止する提案が一般市民から寄せられた。同提案に対する賛成意見が22日、立案に必要な5000件を超え、所管機関による検討が行われ、2カ月以内に見解を示すことになった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。