台湾、ウクライナ5都市に計5億円超寄付へ 呉外相「迅速な復興を」

2022/06/01 13:53
ハルキウのテレホフ市長とオンラインで会談する呉外交部長(右)=同部提供
ハルキウのテレホフ市長とオンラインで会談する呉外交部長(右)=同部提供

(台北中央社)呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長(外相)は先月31日、ウクライナ第2の都市とされる東部ハルキウのテレホフ市長とオンラインで会談した。呉部長は同市に200万米ドル(約2億6000万円)、他4都市に各50万ドル(約6500万円)、合わせて400万ドル(約5億1700万円)を寄付すると発表。学校や公共施設の再建に役立ててほしいとした。

外交部(外務省)が報道資料で明らかにした。同部によれば、呉部長は台湾人が中国の脅威に長い間さらされ続けていることに触れ、ウクライナがロシアから受けた侵攻は人ごとではないと指摘。今回、支援するのはいずれも戦いの最前線の都市だとし、台湾の支援が迅速な復興につながるはずだとの考えを示した。

テレホフ市長は感謝を表明した上で、台湾の愛と善意は即時的な財政支援にとどまらず、学校の再建によって子供たちの登校を再開させることで民主主義と自由を守るのに最も有効な支援にもなると語った。また戦後、呉部長を同市に招待したいとの意向を示した。

(黄雅詩/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。