台湾、ウクライナ人の在留延長申請を許可 回数制限なし=内政部長

2022/03/01 15:28
答弁に臨む(左から)呉外交部長、蘇貞昌行政院長(首相)、徐内政部長
答弁に臨む(左から)呉外交部長、蘇貞昌行政院長(首相)、徐内政部長

(台北中央社)ロシアによる軍事侵攻が続く中、徐国勇(じょこくゆう)内政部長(内相)は1日の立法院(国会)で、台湾で暮らすウクライナ人に対し、申請があれば在留期限の延長を認めると表明した。延長の回数は制限しない。

与党・民進党の荘瑞雄(そうずいゆう)立法委員(国会議員)への答弁。

外交部(外務省)の呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長(外相)は、査証(ビザ)の期限が切れるウクライナ人が台湾での滞在期間延長を希望すれば、外交部は必ず最後まで支援すると述べた。

内政部移民署の統計によると、台湾に在留するウクライナ人は1月31日現在で205人。

(王揚宇/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。