クルーズ船乗客帰台 蔡総統が日本へ感謝 日本窓口「台湾の取り組みに敬意」

2020/02/23 12:57

蔡英文総統は22日、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した台湾人がチャーター機で帰国したことをSNS(交流サイト)に投稿し、日本政府の協力に感謝を示した。日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会の泉裕泰台北事務所代表(大使に相当)は、同協会のフェイスブックで蔡総統の投稿を引用した上で「感染症との闘いにおける台湾の取り組みに敬意」を表すると言及。台湾との連携のため、努力を続けていく姿勢を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。