台湾と日本、環境や特許などで覚書 貿易経済会議が閉幕

2019/10/30 19:55

東京で開かれた「台日貿易経済会議」が30日に閉幕した。会議終了後、台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長と日本側のカウンターパート、日本台湾交流協会の大橋光夫会長が、環境保全分野における交流強化や特許審査の簡素化など4項目の協力文書に署名した。双方の環境当局が管轄する分野で覚書が交わされたのは初めて。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。