アプリで読む
ダウンロード

【台湾あれこれ】景勝地、阿里山でホタルの観賞シーズン 嘉義県がPR

2024/04/11 18:13
阿里山林業鉄路の沿線に舞うホタル=嘉義県文化観光局提供
阿里山林業鉄路の沿線に舞うホタル=嘉義県文化観光局提供

南部・嘉義県の景勝地、阿里山では4月から5月にかけてがホタルの観賞シーズンとされる。嘉義県政府は11日、関連イベントの記者会見を開き、阿里山への来訪を呼びかけた。

翁章梁(おうしょうりょう)県長は、台湾に生息するホタル60種類のうち、嘉義では40種類が見られると生態系の豊かさを強調。阿里山林業鉄路の奮起湖駅や水社寮駅、梨園寮駅では鉄道がホタルに包まれるような光景が見られるとし、高山コーヒーや高山茶を味わう価値があるなどとアピールした。

(蔡智明/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
阿里山林業鉄路の車両=中央社記者蔡智明撮影
阿里山林業鉄路の車両=中央社記者蔡智明撮影
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.20