アプリで読む
ダウンロード

解体中のビルからネコ救出 助けに戻り死亡した女性の飼いネコも生存 台湾・花蓮

2024/04/11 11:55
救出を待つネコ「橘子」=花蓮県消防局フェイスブックより
救出を待つネコ「橘子」=花蓮県消防局フェイスブックより

東部海域で発生した地震で被災し、大きく傾いた東部・花蓮県花蓮市の「天王星ビル」。県による解体工事が進む中、住人の飼いネコ「橘子」と「妹妹」が10日までに救出された。また一度避難したものの、ネコを助けようとビルに戻り命を落とした女性、康さんが飼っていたネコ「猫咪」も生存が確認された。「猫咪」は当初、死亡したとみられていた。

「橘子」は地震発生7日目の9日、7階の窓と鉄格子の間に挟まれているところを発見された。解体作業を一時中断し、消防隊がはしご車を出動して救助した。救助の際に別のネコの姿が撮影され、康さんの友人が確認したところ「猫咪」で間違いないと判断した。

「猫咪」は救出に至っておらず、他に「橘子」や「妹妹」と同じ飼い主が飼っていた「花花」も見つかっていない。康さんの友人は、人命救助のために多くの部屋の窓が割られたとして、ネコが早く逃げ出せればと希望を寄せた。

(李先鳳/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104