アプリで読む
ダウンロード

日本時代建設の市定古跡に新たな息吹 展示や飲食などの施設に 基隆要塞司令部/台湾

2023/11/17 18:42
文化施設「司令大院子」として生まれ変わった基隆市の市定古跡「基隆要塞司令部」=中央社記者王朝鈺撮影
文化施設「司令大院子」として生まれ変わった基隆市の市定古跡「基隆要塞司令部」=中央社記者王朝鈺撮影

北部・基隆市の市定古跡「基隆要塞司令部」が修復を経て文化施設「司令大院子」として生まれ変わり、16日、営業が開始された。展示スペースや飲食施設を備え、屋外ではクリエーティブ商品を販売するマーケットを開催する。開幕式に出席した謝国樑(しゃこくりょう)基隆市長は、同施設のオープンによる地域活性化に期待を示した。

市文化局によれば、基隆要塞司令部は日本統治時代の1896(明治29)年に設立された基隆要塞指揮所を前身とし、1903年に正式に要塞司令部となった。基隆だけでなく、金山、淡水、新竹などの地域を管轄し、台湾北部の最高軍事指揮センターの役割を担った。現在残る建物は1929(昭和4)年に建てられたもので、2010年に市の古跡に登録された。市は古跡の活性化のため、外部の業者に運営を委託し、文化施設として新たな息吹を注いだ。

(王朝鈺/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.49