高雄LRTの新たな延伸区間、5日にプレ開業 「トトロのトンネル」と評判の区間も

2022/10/04 17:02:59
高雄市政府提供
高雄市政府提供

南部・高雄市を走る高雄ライトレール(LRT、軽軌)の新たな延伸区間、台鉄美術館―愛河之心間約2.3キロが5日プレ開業する。線路を包むように続く木々のトンネルを走る区間もあり、「まるでトトロのトンネルのようだ」と開業前から話題を呼んでいる。

「トトロのトンネル」と呼ばれるのはマダガスカルアーモンドツリーが植えられている美術館西と美術館東を結ぶ区間。木々に合わせたデザインを採用して軌道を敷いたため、まるで緑のトンネルの中にいる感じを与え、騒音を遮断する効果もあるという。

高雄ライトレールは同市内を環状に結ぶ計画に基づいて建設されている路線で、これまでに凱旋公園―台鉄美術館間26駅14.7キロが開業している。2023年末までに全線開通する見通しで、「台湾で最も美しいライトレールになる」と陳其邁市長は胸を張っている。

(蔡孟妤/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。