村に来た女性外科医を描いた小説をドラマ化 7日から放送開始/台湾

2022/05/06 15:55
5日のプレミア上映記者会見に出席した(左から)出演者のウィン(風田)、ジャネル・ツァイ、作者の劉宗瑀さん、出演者のドゥー・イェン(杜姸)=公共テレビ提供
5日のプレミア上映記者会見に出席した(左から)出演者のウィン(風田)、ジャネル・ツァイ、作者の劉宗瑀さん、出演者のドゥー・イェン(杜姸)=公共テレビ提供

(台北中央社)村の小さな病院にやって来た女性外科医を主人公にしたドラマ「村裡来了個暴走女外科」が7日から、公共テレビ(公視)で放送される。医師の劉宗瑀さんの同名小説をドラマ化した。プレミア上映イベントが5日、台北市内で開かれ、劉さんは第一線にいる医療従事者に対して思いやりの心を持つよう呼び掛けた。

同作は、女性外科医が村の病院で、自身の特殊技能と処世術を生かし、村の奇妙な医療状況を変えていく―という医療コメディー。ジャネル・ツァイ(蔡淑臻)が外科医を演じる。

コメディーではあるものの、地方医療の人材不足や医師と患者間の緊張した関係など、医療従事者が実際に直面するリアルな状況が描かれる。

ジャネルは、撮影には100人に上る医療顧問が参加し、リアリティーを追求したことをアピール。助言をくれた作者の劉さんに感謝した。

(王心妤/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。