カク台北市長、第4原発問題について日豪の代表と意見交換

2013/05/04 19:17

カク龍斌・台北市長は3日、日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所の樽井澄夫代表(=大使)とオーストラリア商工弁事処のケビン・マギー代表の表敬訪問を受け、台湾電力・第4原子力発電所をめぐる諸問題について意見交換を行った。(カク=赤におおざと)


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。