建物や昆虫の3Dモデル無料提供 日本統治時代の菊元百貨店など/台湾

2018/06/23 17:32

台湾の建物や昆虫の3Dモデルなどを無料でダウンロードできる「台湾デジタル資産ライブラリー」(台湾数位模型庫、TDAL)が22日、試験運用を開始した。日本統治時代の1932年に開業した台湾初のデパート、菊元百貨店(台北市)や戦後に発展した中華商場(同)など、すでに取り壊されてしまった建物もリアルに再現されている。鄭麗君文化部長(文化相)は、台湾は映像制作や漫画、アニメ、ゲーム産業の強化を目指すとした上で、TDALを通じて台湾特有の美学をアピールでき、コンテンツ産業のレベルアップにもつながると期待を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。