元中日・大豊泰昭さん死去、台湾からも惜しむ声

2015/01/20 18:35

日本プロ野球の中日などで活躍した大豊泰昭さんが18日、急性骨髄性白血病のため名古屋市内で亡くなった。51歳だった。出身地の台湾では、球界関係者からその早すぎる死を惜しむ声が相次いでいる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。