アプリで読む
ダウンロード

先住民に伝わるシャーマンの儀式を継承 高金妣さん死去 文化部が表彰へ/台湾

2024/07/04 13:38
アミ族のシャーマンだった高金妣さん(財団法人原住民音楽基金会提供)
アミ族のシャーマンだった高金妣さん(財団法人原住民音楽基金会提供)

(台北中央社)東部・花蓮県吉安郷東昌村リロウ(里漏)集落に伝わる台湾原住民(先住民)族アミ族のシャーマンの儀式を継承していた高金妣さんが6月29日に亡くなっていたことが分かった。享年86。文化部(文化省)が明らかにした。李遠(りえん)文化部長(文化相)は哀悼の意を示し、儀式の保存や伝承に尽力したとして表彰する方針を示した。

文化部によると、高さんは日本統治時代の1939(昭和14)年、3世代続くシャーマンの家系に生まれ、30歳代でシャーマンになった。仲間のために幸福を祈り、厄よけなどを祈願した。風雨の中や深夜でも休むことなく儀式を執り行い、2009年には花蓮県政府によって同集落に伝わる儀式の保持者として登録された。

文化部は今後も引き続きアミ族文化の伝承や記録を支援し、原住民族の貴重な無形文化財を継承していくとしている。

(邱祖胤/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.92