アプリで読む
ダウンロード

台湾漫画家の3作品、日本でアニメ化 オリジナルコンテンツの海外進出を支援

2024/05/31 11:41
記者会見に出席した漫画「成為奪心魔之必要」原作者の頼惟智さん(中央)ら(翔英融創提供)
記者会見に出席した漫画「成為奪心魔之必要」原作者の頼惟智さん(中央)ら(翔英融創提供)

(台北中央社)台湾の漫画家やイラストレーターが手掛ける3作品が日本でアニメ化される。台湾のコンテンツの海外進出を支援する「台湾クリエイティブ・コンテンツ・エージェンシー」(文化内容策進院、文策院)の一部出資を受けた日本進出プロジェクト「日照計画」の第1弾となる。記者会見が29日、台北市内で開かれた。

日本でアニメ化されるのは、台湾出身のイラストレーター、ZELITTO(ゼライト)さんが原案の一人として参加するテレビ東京開発の「刀姫」(仮)、国際ウェブコミックサイトで累計2000万回超の閲覧数を誇る頼惟智さんと尼太さんの「成為奪心魔之必要」、青年漫画雑誌「ヤングチャンピオン烈」で連載されたハヤシさんの「いきたいわん! 台湾旅行同好会」の3作品。プロジェクトは、ACG(アニメ、漫画、ゲーム)のIP(知的財産)への投資を手掛けるナダホールディングス(智宝国際開発)と文策院による共同出資で設立された翔英融創が推進する。

翔英融創の楊国祥総経理(社長)は、同プロジェクトの目的は台湾のACG産業と日本をつなぐ架け橋になることだとし、台湾のIPをACG産業で最大の指標となる日本の舞台に押し上げたいと話した。

(王宝児/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107