アプリで読む
ダウンロード

タイワンマスの野生個体数、過去最多の約1万5千匹 95年の60倍超に/台湾

2023/03/17 11:53

保護に向けた取り組みが続けられている台湾固有の淡水魚、タイワンマスの野生個体数が、昨年の調査で1万5374匹となり、1990年代の取り組み開始以来、過去最多になったことが分かった。中部・苗栗県の雪覇国家公園管理処が15日発表した。95年に200匹余りに落ち込んだ個体数が、長年の努力により、60倍以上に増えたと報告している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.52