アプリで読む
ダウンロード

中国漁船7隻が離島・澎湖周辺海域で越境操業 巡視船艇が退去させる/台湾

2024/03/21 16:44
放水で澎湖周辺の「禁止水域」からの退去を求められる中国漁船(海巡署提供)
放水で澎湖周辺の「禁止水域」からの退去を求められる中国漁船(海巡署提供)

(台北中央社)海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)の澎湖海巡隊は20日、中国船の進入を禁じている離島・澎湖周辺の「禁止水域」内に避難したのに乗じて操業していた中国の漁船7隻を退去させた。同署金馬澎分署は「回避せず、怯まず、断固として法執行する」との立場で国家の海域の安全を守り、海域の治安や漁業従事者の生計、作業の安全性を確保すると表明した。

澎湖周辺海域はここ数日、北東の季節風の影響で海象が悪化しており、澎湖海巡隊は20日、中国漁船の越境操業を防ぐため、多数の巡視船艇を出動させ任務に当たっていた。

澎湖の南の海域2カ所でそれぞれレーダー偵察を行っていた巡視船艇2隻が船名が表示されていなかったり、塗りつぶされていたりした複数の漁船を発見。一部は海上で操業したり、避難のために停泊していたりした。海の状態から安全性を考慮し、立ち入り検査は行えず、警告や放水砲、笛の吹鳴によって7隻を退去させたとしている。

(編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104