在米台湾人団体、台北市長の訪米を歓迎せず 価値観の違いで

2019/03/10 18:39

台湾と米国間の関係促進に取り組む在米台湾人団体「全米台湾同郷会」は10日、月内に米国を訪問する柯文哲台北市長について、その訪米を支持しないとする内容の声明を発表した。その理由について柯氏は「親中・反米的な態度」をとっており、台米間の友情と共同価値観に背き、台米関係を破壊しかねないためと説明している。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。