黄金色のじゅうたん、田んぼアート浮かび上がる/台湾・宜蘭

2022/06/22 16:40
宜蘭県冬山郷の田んぼアート=同郷公所提供
宜蘭県冬山郷の田んぼアート=同郷公所提供

(宜蘭中央社)北東部・宜蘭県冬山郷の約20ヘクタールの田んぼで稲穂が実り、一面を黄金色に染めている。現地で開かれる熱気球イベントに合わせて描かれた「田んぼアート」も浮かび上がり、行楽客の目を楽しませている。

冬山郷三奇村の奉尊宮の裏手にあるこの一角は、区画整備されていない田んぼの真ん中をS字状に道路が通る。電柱や農舎などの建物もなく、広々とした景色が楽しめる。この道路は「三奇美徑」と呼ばれ、毎年稲の収穫前には、美しい光景をカメラに収めようと多くの撮影愛好家や行楽客がこの地を訪れる。

冬山郷公所(役所)の担当者によれば、来月初旬から稲刈りが始まるため、見頃は今月下旬までだという。

(沈如峰/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
影片來源:CNA 北部地方組
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。