台北・士林官邸で菊花展 16万株で彩る/台湾

2021/11/26 17:47
士林官邸公園の入り口に設置される高さ4メートルの観覧車のオブジェ
士林官邸公園の入り口に設置される高さ4メートルの観覧車のオブジェ

(台北中央社)台北市の士林官邸公園で26日、毎年恒例の「士林官邸菊花展」が開幕した。2年をかけて栽培した「千輪咲」など大小さまざまな約16万株のキクが公園内を彩っている。来月12日まで。

今年は「キクで好転 疫病退散」をテーマとし、入り口には高さ4メートルの観覧車のオブジェを設置。園内には13のエリアを設けた。それぞれで趣向を凝らした展示を行い、来園者を楽しませる。

期間中の土日には、台湾原住民(先住民)族タイヤル族の踊りやサックス奏者のグループによる演奏などのステージプログラムが用意される。

(陳怡璇、王穎皓/編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。