東部地震/台湾鉄道の不通区間、一部で運転再開 全面復旧には半年かかる見込み

2022/09/22 17:01
地震の影響でゆがんだ線路や破損した架線柱=台鉄提供
地震の影響でゆがんだ線路や破損した架線柱=台鉄提供

(台北中央社)東部・台東県で18日に発生したマグニチュード(M)6.8の地震により不通となった台湾鉄路管理局(台鉄)台東線のうち、花蓮(東部・花蓮県)―鳳林(同)間と富里(同)―台東(台東県)間で22日、運転を再開した。台鉄の杜微(とび)局長は全面復旧について、半年はかかるとの見方を示している。

台鉄によると、花蓮―鳳林間ではプユマ号やタロコ号、自強号などの特急8本と各駅に停車する区間車30本、富里―台東間では区間車32本をそれぞれ運行するという。また花蓮―玉里(花蓮県)、玉里―台東間のバスによる代行輸送も継続する方針。

依然不通となっている鳳林―富里間では東里駅(花蓮県)のホームの屋根が崩落した他、複数箇所でレールが隆起したり、架線が落下したりした。台鉄では復旧を急いでおり、今月末までには不通区間を玉里―富里間の18キロに短縮できるだろうとの見通しを示した。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。