82歳がヨットで台湾一周へ「老いるまで遊び尽くす」 南部・高雄を出発

2022/08/14 15:55
ヨットで台湾本島を一周する詹正峰さん=市民提供
ヨットで台湾本島を一周する詹正峰さん=市民提供

(高雄中央社)今年82歳を迎える詹正峰さんが13日、ヨットで台湾一周の旅に出た。40年間夢見ていたことが実現できたと喜ぶ詹さん。「老いるまで生き、老いるまで遊び尽くしたい」と語った。

退役軍人の詹さん。1976年に第一線を退くと、海外からヨットを取り寄せ改良し、台湾に広めた。中華民国ヨット協会の副理事長などを務め、セーリングスポーツの発展に尽力してきた。

詹さんは中央社の取材に応じ、マリーンスポーツのさらなる推進のための挑戦だと話した。自身の旅路を記録することで、海上でのトラブルの対処法や危険の回避について広く知ってもらいたいという。

高齢での挑戦になることについては、40年間計画していたことだとし、ヨットを始めてから日々、準備してきたと胸を張った。ヨットにエンジンなどは積まれておらず、帆で受けた風を動力に進む。水分と食料を十分に用意し、日焼け対策もしてライフジャケットさえ着れば大丈夫だと話した。

プロジェクトに参加しているコーチの黄国鴻さんによれば、ヨットには選手が2人同乗する他、岸には補給のためのスタッフを配備する。

来月10日までの29日間で、台湾本島を反時計回りに一周する予定だという。13日、南部・高雄の西子湾を出発。同日、午後3時には屏東県の大鵬湾に無事に到着した。

(曽以寧/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。