安倍氏死去/台湾有志、日本の新聞に安倍氏追悼の全面広告 感謝の思い伝える

2022/07/15 12:58
台湾有志、日本の新聞に安倍氏追悼の全面広告 感謝の思い伝える
台湾有志、日本の新聞に安倍氏追悼の全面広告 感謝の思い伝える

(東京中央社)8日に死去した安倍晋三元首相を追悼しようと、台湾の有志が共同出資した全面広告が15日付の産経新聞に見開き2面で掲載された。175の企業や団体、個人が参加した。片方の面には笑みを浮かべる安倍氏の写真と共に「追悼・感謝」の文字があしらわれ、台湾からの感謝の思いを伝えた。

広告は民間団体「台湾安倍晋三友の会」などが企画。11日から1口5万台湾元(約23万円)で参加者を募ったところ、1日で当初予定していた65口を大きく上回る100口以上の出資があり、同日夜6時までに受け付けを締め切った。

広告に出資したのは建設・金融大手の聯邦関連企業やホテルグループの瓏山林関連企業、大手紙の自由時報、陳水扁(ちんすいへん)元総統の事務所など。

安倍氏の写真の下方には「『台湾有事は日本有事』を訴えた真の友よ、安らかに」の文字も小さく書かれた。

また、台湾本島のイラストをあしらったもう一方の面にはお悔やみの言葉と共に「私たちは、安倍元首相が世界の自由と民主主義のために果たされた偉大な功績を決して忘れません」「遺志を私たちが引き継ぎ、台日親善を推進します」のメッセージが記された。

台湾安倍晋三友の会の発起人の一人である葉建揚さんは、日本の読者や国民に台湾の思いや温もりを感じてもらいたいと話した。

(楊明珠/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。