「タロコ号」脱線事故 台湾鉄道、遺族に初の懲罰的賠償 6億円超

2022/03/31 18:57
脱線事故後、車両を移動する台鉄職員ら
脱線事故後、車両を移動する台鉄職員ら

(台北中央社)49人の死者を出した台湾鉄路管理局(台鉄)の特急列車「タロコ号」脱線事故で、台鉄から遺族に懲罰的損害賠償として計1億5043万台湾元(約6億4000万円)が支払われる見通しとなった。台鉄が懲罰的損害賠償を支払うのは初めてとなる。

遺族団体を支援する弁護士の陳孟秀さんによれば、王国材(おうこくざい)交通部長(交通相)が30日、遺族の請求に応じた。

事故から来月2日で1年となる。

(汪淑芬、蕭博陽/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。