台日の芸術家が共に創作=文化相「非常に重要な精神」大規模交流イベント

2021/09/30 13:05
大規模文化交流イベント「Taiwan NOW(台湾ナウ)」をPRする(左から)国家文化芸術基金会の林董事長、李文化部長、日本台湾交流協会の泉台北事務所代表ら
大規模文化交流イベント「Taiwan NOW(台湾ナウ)」をPRする(左から)国家文化芸術基金会の林董事長、李文化部長、日本台湾交流協会の泉台北事務所代表ら

(台北中央社)台湾と日本のアーティストらが参加し、両国で展開される大規模文化交流イベント「Taiwan NOW(台湾ナウ)」の開幕に先駆け、台北市内で29日、記者会見が開かれた。李永得(りえいとく)文化部長(文化相)は、イベントでのアートの種類が多岐にわたる上、「台湾と日本の芸術家が共に作品を創り、台湾と日本の人々の前で展示する。これは非常に重要な精神であり、快挙だ」と喜びを示した。

同イベントは東京や台湾南部の高雄、オンラインを会場とし、10月に開幕する。東京では、台湾と日本のアーティストらがコラボレーションした大型インスタレーション作品やパフォーマンス作品が公開される他、高雄では年末、台日合作の台湾オペラ(歌仔戯)が上演される。

総合プロデューサーを務めた国家文化芸術基金会の林曼麗董事長(会長)は、国際交流は相手に理解してもらうのではなく、手を取り合って共に創り出していくものになったとし、「双方が芸術を通じて、協力し、理解し、認め、尊重し合うことによって真に完成される」と語った。

本来は東京五輪に合わせ、昨年開催されるはずだったが、新型コロナウイルスの影響で延期された。日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会の泉裕泰台北事務所代表(大使に相当)は、台湾が日本の五輪を自身のことのように喜んで、日本とのイベントを計画してくれたことに感動したと話した。

最初のイベントとして来月2日、台湾デザインを紹介する展覧会「未来の花見:台湾ハウス」が東京・丸の内のGOOD DESIGN Marunouchiで始まる。

(趙静瑜/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。