台湾LGBTプライド、初のオンライン開催へ 新型コロナの影響受け

2021/09/09 14:52

性的少数者(LGBTQ+)の平等を訴える毎年恒例の台湾LGBTプライド(台湾同志遊行)が、10月30日に開催される。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、初めてオンラインで行われ、双方向型のウェブサイトを開設し、各地からオンライン上でパレードに参加できるようにする。主催者は8日、取材に対し、臨場感を表現できればと語った。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。