プユマ号脱線事故から2年 調査委、台湾鉄道に18項目の改善を提言

2020/10/19 17:23

死者18人を出した台湾鉄路管理局(台鉄)特急プユマ号の脱線事故から21日で2年になるのを前に、国家運輸安全調査委員会は19日、最終調査報告を公表した。報告書では、運転士の操作や指令員、整備士の対応などが直接の原因だとし、その根源は台鉄が包括的なマニュアルや手順を提供していなかったことや職員訓練や検定制度の不備にあると指摘した。台鉄に対し、各車種の操作や保守、故障時の対応に関するマニュアルの作成など18項目の改善を提言し、90日以内の回答を求めた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。