旬の嘉義産パイナップル、日本へ=コロナで中国輸出落ち込み、方針転換/台湾

2020/04/19 12:34

南部・嘉義県産のパイナップルが日本に向けて輸出される。第1陣となる6.7トンが18日、大阪へ出荷されるためコンテナに積み込まれた。新型コロナウイルスの感染拡大で中国への輸出が落ち込み、輸出先を日本に転換させようと県が同業組合を支援。大阪の複数スーパーに旬の嘉義産パイナップルが並ぶ見通しだ。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。