日本統治時代の官公庁舎「旧台中州庁」、国の古跡に格上げ/台湾

2019/04/27 16:15

日本統治時代に建設された中部・台中市の官公庁舎「旧台中州庁」が25日、市定古跡から国定古跡に格上げされた。26日には、文化部(文化省)文化資産局の施国隆局長が庁舎前で、同市政府文化局の張大春局長に認定証書を手渡した。張氏は、今後建物の修復や周辺の整備を進めるとし、より多くの観光客に台中を訪れてもらいたいと期待を寄せた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。