台北市の映像教育機構、日本映画大と協力覚書 日台共同制作を後押し

2017/10/20 13:55

映像や音楽関連の人材を育成する台北市政府の教育機構「台北メディアスクール」(台北市影視音実験教育機構、TMS)は19日、映画系単科大学の日本映画大(神奈川県)と協力覚書を結んだ。シャオイエ(小野)の筆名で小説家や脚本家として活躍する李遠TMS校長は、今後は両校のカリキュラム上での交流を進め、TMSから日本映画大に進学するパイプを築くほか、日台の学生による共同制作も後押しできればと期待を寄せている。詳細は今後話し合っていくという。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。