震災5年 台湾の支援に対する感謝の心、今でも被災地に

2016/03/11 15:14

「見てください。会議室の椅子には全て『台湾紅十字寄贈』のシールが貼られているんですよ」――。台湾からの義援金の助成によって建てられた岩手県大槌町の災害公営住宅で、町の担当者は話す。東日本大震災の発生から、11日で5年。台湾からの温かい思いやりに感謝をする気持ちは、現在でも被災者の心に息づいている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。