植物油から重金属など検出 学校での使用を禁止/台湾・新竹市

2015/01/20 14:58

新竹市政府は20日、記者会見を開き、同市衛生局の調べで、企業6社が販売している7種類の植物油から重金属のクロムや不飽和脂肪酸のトランス脂肪酸が検出されたと発表した。市では市内のレストランや学校に対して該当商品を使用しないよう求めている。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。