アプリで読む
ダウンロード

台湾、詐欺犯罪撲滅目指す新綱領を閣議決定 法律と技術面で対策強化図る

2023/05/05 14:21

行政院院会(閣議)は4日、詐欺犯罪の撲滅を目指す新綱領「新世代打撃詐欺策略行動綱領1.5版」を決定した。13億台湾元(約56億8200万円)を投じ、人的・物的リソースを増強して詐欺犯罪に打撃を与える他、法律や技術の面から通信の流れの減少や刑事責任の厳罰化を図る。被害者を減らし、詐欺グループを一掃する狙いがある。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.109