米運輸長官、台湾支持表明 国際民間航空機関総会

2022/09/28 16:12:36
米運輸長官、台湾支持表明 国際民間航空機関総会
米運輸長官、台湾支持表明 国際民間航空機関総会

(台北中央社)カナダ・モントリオールで27日、国際民間航空機関(ICAO)の第41回総会が開幕し、米国のピート・ブティジェッジ運輸長官が台湾の参加を支持する発言をした。

ブティジェッジ氏は、台湾について重要な空域を管理するなどとして「ICAOに有意義に参加する機会を持つべきだ」と訴えた。

外交部(外務省)によると、この日はドイツのステファン・シュノル運輸・デジタル次官も参加が認められていない台湾を念頭に、ICAOに加わっていない国との協力を呼びかけた。

台湾は1944年、ICAOの創設メンバーとして同機関に加盟。71年の国連脱退以降は3年に1度の総会から締め出されている。馬英九(ばえいきゅう)政権下の2013年にゲスト参加を果たしたが、16年に独立志向とされる蔡英文(さいえいぶん)政権の発足後は中国の圧力によって招請されず、今年も招かれなかった。

(黄雅詩/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。