セントビンセント首相やリトアニア高官が台湾入り 中国軍事圧力高まる中

2022/08/07 13:27
桃園空港で談話を発表するセントビンセント・グレナディーンのラルフ・ゴンザルベス首相(左)
桃園空港で談話を発表するセントビンセント・グレナディーンのラルフ・ゴンザルベス首相(左)

(台北中央社)中国がペロシ米下院議長の訪台に反発し軍事的な圧力を強める中、セントビンセント・グレナディーンのラルフ・ゴンザルベス首相が7日朝、台湾に到着した。桃園国際空港で談話を発表し、中国に対し台湾周辺での軍事演習をやめるよう呼び掛けた。

中華民国(台湾)と外交関係を結ぶセントビンセント・グレナディーン。ゴンザルベス氏は政府の招待を受けて来訪し、12日まで滞在する。談話では、台湾が厳しい状況に直面する中、訪台できたことを喜び、攻撃や暴力による圧力は受け入れられないとの立場を示した。

7日台湾入りしたリトアニア運輸通信省のバイシウケビチウテ副大臣=facebook.com/vaiciukeviciuteより
7日台湾入りしたリトアニア運輸通信省のバイシウケビチウテ副大臣=facebook.com/vaiciukeviciuteより

総統府は報道資料で、心からの歓迎を表明。ゴンザルベス氏の訪台は具体的な行動によって台湾との関係の強固さを示すだけでなく、台湾への支持を示す意義もあるとした。

また、リトアニア運輸通信省のバイシウケビチウテ副大臣らで構成される代表団も7日、台湾入りした。

(呉睿騏、葉素萍、游凱翔/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。