安倍氏死去/頼副総統、安倍元首相の弔問で訪日=断交後最高位/台湾

2022/07/11 16:52
頼清德(らいせいとく)副総統(中央社資料写真)
頼清德(らいせいとく)副総統(中央社資料写真)

(台北中央社)頼清德(らいせいとく)副総統が11日、安倍晋三元首相の死去を受け、弔問のために訪日した。台湾から日本を訪れる当局者としては、1972年に中華民国(台湾)と日本が断交して以来、最高位となる。

与党・民進党の郭国文(かくこくぶん)立法委員(国会議員)が明らかにした。郭氏によれば、頼氏は蔡英文(さいえいぶん)総統の命を受けて訪日した。

総統府の張惇涵(ちょうじゅんかん)報道官は同日、頼氏は安倍氏やその親族と長年来の友人だと説明。安倍氏の遺族を尊重し、総統府としては頼氏の関連のスケジュールについてコメントや説明はしないと述べた。

日本側は頼氏の訪日について、私人としての訪問だとしている。

頼氏は12日に都内で行われる葬儀に出席する予定。

(葉素萍、温貴香/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。