TV人形劇・霹靂布袋戯は「台湾版マーベル」 蔡総統、死去の声優たたえる

2022/07/06 15:19
布袋戯(ポテヒ)の人形を操る蔡総統(中央)=総統府提供
布袋戯(ポテヒ)の人形を操る蔡総統(中央)=総統府提供

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は5日、台湾の人気テレビ人形劇、霹靂布袋戯の主人公「素還真」の声優として知られた故・黄文択さんの人生を振り返る展示を鑑賞した。黄さんの貢献をたたえた上で、霹靂布袋戯は「台湾版マーベル」と言われているとし、今後も産業の発展を支えていく姿勢を見せた。

中部・雲林県で、伝統的人形劇「布袋戯(ポテヒ)」一家に生まれた黄さん。兄と霹靂布袋戯の制作会社を立ち上げ、4000以上のキャラクターの声を担当した。先月12日に亡くなった。65歳だった。

蔡総統は、黄さんが命を吹き込んだ全てのキャラクターは豊かな物語をもたらしてくれたとし、ファンの心の中に永遠に残り続けるはずだと語った。

また、霹靂布袋戯はアニメや映画、グッズなどにすることで、文化コンテンツ産業全体をより充実したものにしてくれると指摘。台湾にとって非常に重要なIP(知的財産)コンテンツだとの考えを示し、ポテヒ産業に力を注いできた人々に感謝した。

(葉素萍/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。