海軍ヘリ着陸失敗 重体の乗組員1人が死亡/台湾

2022/06/24 12:51
着陸に失敗した対潜ヘリコプターS70C=23日、高雄市
着陸に失敗した対潜ヘリコプターS70C=23日、高雄市

(台北・高雄中央社)海軍司令部は23日深夜、対潜ヘリコプターS70Cが南部・高雄市で着陸に失敗した事故で、重体だった乗組員1人が死亡したと明らかにした。

事故ではヘリコプターの乗組員4人がけがをした。死亡したのは機付長(整備責任者)の男性で、体の約95%に2〜3度のやけどを負い、治療が続けられていた。

海軍は、訓練に励み、職責を果たし、国に尽くしたと、この乗組員をたたえた。また総統府は24日、蔡英文(さいえいぶん)総統は深い悲しみを覚えているとし、国防部(国防省)に対して全力で遺族を支援し、事故原因の徹底的な解明をするよう指示したと発表した。

(游凱翔、蔡孟妤、温貴香/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。