福島食品の禁輸解除、「国際標準合致なら支持」=游立法院長/台湾

2022/02/07 18:30

游錫堃(ゆうしゃくこん)立法院長(国会議長)は7日、台湾が2011年から続けている福島など日本5県産食品の禁輸措置の解除について、国際標準や科学的根拠に加え、民意も重要だとし、行政院(内閣)がこれらを考慮した上で輸入再開を決定した場合には、立法院(国会)として規制の撤廃を支持するべきだと話した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。