台湾、ニカラグアと断交 「国の主権と尊厳守るため」=外交部

2021/12/10 08:05
ニカラグアを訪問しオルテガ大統領(右)の就任式に出席する蔡英文総統(左)=2017年撮影
ニカラグアを訪問しオルテガ大統領(右)の就任式に出席する蔡英文総統(左)=2017年撮影

(台北中央社)中米ニカラグアが一方的に中華民国(台湾)との国交断絶を発表したのを受け、外交部(外務省)は10日、「心痛と遺憾」を表明するとともに、国家の主権と尊厳を守るため同国と断交することを決めたと明らかにした。

ニカラグアとの断交は1985年12月以来36年ぶり2度目。いずれもダニエル・オルテガ大統領の在任中に行われた。これで台湾と外交関係を持つ国は14カ国となる。

(編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。