台湾映画「返校」、日本で今月末公開 駐日代表「自由は守る必要がある」

2021/07/19 16:56

戒厳令下の台湾を舞台にした映画「返校 言葉が消えた日」が今月30日、日本で公開される。同作では「白色テロ」と呼ばれる思想や言論の弾圧が行われた歴史が描かれる。台北駐日経済文化代表処の謝長廷(しゃちょうてい)代表(大使に相当)は18 日、フェイスブックで、NHKで同作品が紹介されたことに触れる形で、香港の民主主義運動弾圧やミャンマー軍のクーデターに言及し、「自由とは守り、大切にしなければならないもの」だと訴えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。