台湾、居留証未所持の外国人入国停止を継続 警戒レベル第3級期間中

2021/06/11 19:19

中央感染症指揮センターは11日、台湾内での新型コロナウイルスの感染状況が依然として安定していないとして、先月19日から実施している居留証(ARC)を持たない外国人の入国見合わせと台湾での乗り継ぎ停止措置について、感染状況に対する警戒レベル「第3級」が台湾全土に出されている期間中は同措置を継続すると発表した。これを受けて外交部(外務省)は同日、同期間中は在外公館での各種査証(ビザ)の申請受理を見合わせると発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。