処理水の海洋放出 台湾原子力委、早期警報システム導入へ

2021/04/22 16:24

日本政府が東京電力福島第1原子力発電所にたまり続ける処理水を2年後に海洋放出する方針を決めたのを受け、行政院(内閣)原子能委員会(原子力委員会)の謝暁星(しゃぎょうせい)主任委員(閣僚)は22日、早期警報システムの設置など3つの対応策を発表した。海洋放出に関して日本が設定する放射性物質トリチウムの濃度が国際原子力機関(IAEA )の基準を満たしていることに理解を示した上で、「全てのことに例外が起こりうる。だからこそリスクを評価する必要がある」との見解を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。