アプリで読む
ダウンロード

外国人労働者は振興券対象外 「移民はよそ者じゃない」聖職者が訴え/台湾

2020/06/11 12:46

政府が新型コロナウイルスの経済対策として来月発行する振興券の対象に出稼ぎ労働者が含まれなかったことに対し、東南アジア出身の聖職者3人が抗議の声を上げている。中部・台中に住むフィリピン系アメリカ人神父のJoy Tajoneraさんは5日、中央社の取材に対し、「移民の排除は社会における内部者と部外者の分断を進める。移民はよそ者ではない」と訴えた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.198