日本にマスク200万枚を寄贈 台湾の対日窓口、駐台代表に目録

2020/04/16 16:46

台湾の政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援しようと、日本にマスク200万枚を寄贈する。台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長が16日、政府を代表し、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表(大使に相当)に目録を手渡した。物資は近日中に日本に発送され、第一線で働く日本国内の医療従事者に提供される。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。