アプリで読む
ダウンロード

馬前総統、教科書の「台湾主権未定論」に異議 担当機関「理解促進のため」

2019/10/25 11:56

馬英九前総統は24日、今年度の高校歴史科目の学習指導要領に反対する学者らでつくる団体が台北市内で開いた記者会見にビデオメッセージを寄せ、歴史教材に「台湾主権未定論」が盛り込まれていることに異議を唱えた。教科書の検定を担当する国家教育研究院は中央社の取材に対し、異なる見解や主張を併記することで、現在の台湾の国際的地位に関する歴史的背景への理解を促すのが狙いだと説明した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.24